ポピュラーロードレースで学べ

ロードバイクのセルフメンテナンス

ロードバイクは、メンテナンスを行うことで、長持ちをさせることが出来ます。セルフメンテナンスを習慣づけることです。ロードバイクの仕組みもわかりますし、より楽しめるようになります。このタイプの自転車は、とてもメンテナンスがしやすくなっています。ホイルが簡単に着脱できるのもそのためです。遠出をするために使用される自転車であるため、修理などの時間がかからないように作られているのです。ほとんどのパーツは、簡単に外すことが出来ます。分解して掃除することが出来、綺麗になるだけでなく、構造の仕組みもわかってきますから、パーツ交換等も自分でできるようになります。また、多くのパーツは、消耗品ですが、交換の頻度を抑えることが出来ます。基本的な方法は、ウエスなどを使って汚れを拭き取りること、走った後はネジが緩みやすいのでしっかり締めておくこと、パーツクリーナーとウエスを使ってチェーンの汚れを取ること、チェーンに油を注しておくことです。

初心者でも出来るロードバイクのメンテナンス

ロードバイクではメンテナンスを定期的に行う事でより長期間愛用する事が出来る事や慣れてくるとパーツ交換を自分でする事が出来るようになるといったメリットがあります。自宅で行う事の出来るメンテナンスはロードバイクを分解する必要がない事から初心者の方でも出来る簡単な作業となっています。一番最初に行う事は全体の汚れを取る事になります。使用する度にしっかりと汚れを取る事で頑固な汚れが付着する事を防ぎ常に綺麗な状態を保つ事が出来ます。ロードバイクは各パーツの交換がしやすいように設計されているといった特徴がある反面、使用した後にネジが緩んでいる事もあります。ネジの緩みを確認する事で故障やトラブルを事前に防ぐ事が出来るようになっています。最期に行うメンテナンスはチェーンの汚れを取る事になります。チェーンはパーツクリーナーと汚れても良い布で簡単に取る事が可能となっています。汚れを取り除いた後に油をさす事で完了となります。慣れれば10分程度で終わらせる事が出来る簡単な方法です。

pickup

2017/10/20 更新