ポピュラーロードレースで学べ

ロードバイクに乗る時のヘルメットの必要性

ロードバイクに乗っている人を街でよく見かけますが、ほとんどの方がサイクリングウェアにヘルメットを装着していますが、自転車に乗る時にヘルメットをかぶらなくてはいけないという法律は特にありません。ですが、ロードバイクは普通の自転車と比べるとかなりのスピードを出すことができ、車道を走る方がほとんどなので万が一の事故に備えてつけています。また、他にも様々な意味があります。まず、直射日光から頭を守ることができるので熱中症対策になります。枝や泥などの障害物から守ることもできます。また、最近はデザイン性も高いものも多いです。バイク用のものと比べてロードバイク用のものはなぜ穴が開いていたり形が違うかというと、頭の風通しを良くするためです。汗をかいてしまい目に汗が入ってしまったら事故を起こしてしまうかもしれないので、汗対策の工夫をたくさん盛り込んでいます。安価なものから高価なものまでありますが初心者の方はまず安いものでもいいので頭を守るために用意しましょう。

ロードバイクでの正しいヘルメットのかぶり方

ロードバイクを乗る際には安全の対策のためにヘルメットを装着するのが必須となっています。しかし間違ったかぶり方や、自分の頭のサイズに合わないものをかぶっていても安全対策は万全とは言い難いので、注意が必要となります。かぶり方ですが、おでこをすっぽりと隠す必要があります。初心者の方に見られがちなのですが、このかぶり方では顔面やおでこを守ることができず、万が一転倒した場合には、頭の前面や顔に重大な傷を負ってしまう場合があります。ですが、深くかぶりすぎても前が見えにくくなってしまうために注意が必要で、ヘルメットの前の端が、ちょうど眉毛の上にくるように顎のひもを調節します。そしてヘルメットの選び方ですが、頭のサイズを測って選ぶ、というのはなかなか難しいので、実際にかぶって選んでいくしかありません。なので、インターネットなどの通販でかたちや大きさを憶測で判別して購入しようとしても、ぴったりフィットするものを選別するのは至難の業です。

注目サイト

大阪 注文住宅
http://www.hana-house.jp/

最終更新日:2017/3/2